お花見ハイク 2019 奥武蔵 日向山

2019年4月9日

4月7日(日)恒例のお花見ハイクです。今年は奥武蔵の日向山、芦ヶ久保駅からすぐの低山です。参加者20名、うちゲストが4名。下山後の打ち上げには16名出席と、賑やかに楽しんできました。里山の春の花を愛で、針葉樹の花のない登山道ではお喋りの花を咲かせ、山頂では美味しい豚汁。楽しい一日を過ごして明日からまた頑張れそう。

幹事の皆様、お手伝い下さった皆様、参加してくださった皆様、たくさんたくさんありがとうです! 以下、皆さんの感想です。

仕事を始めた頃からの方と一緒に山を歩けて楽しめました。ありがとうございました。

S木

花見山行はお世話になりました。秩父の自然を味わいながら気分転換と運動不足の解消ができた一日でした☀ 明るい仲間の皆さんのお陰ですね😃

W辺(ゲスト)

楽しいハイキングに誘っていただきありがとうございます。

筋肉痛に悩みながらこの原稿を書いています。夫は平気だとか。さすがです。

やぶの中、ハアハアしながら坂道を上がっていった後「日向山に行くというのに、どうして下っていくのですか」と素朴な質問を口にしたら、「日向山に真っ直ぐ行くと易しすぎるので、今までは時間稼ぎ」とのお答え。これはもう私にとって平成最後の衝撃でした…。

お昼においしい豚汁をつくっていただいたのもびっくり。大根がどっかにいってしまったとか(見つかってよかったですね)みそを入れるタイミングをどうしようかとか、大変ご苦労されていてありがたい限りです。ご馳走様でした。

会報を読ませていただきりっぱな組織であることがよくわかりました。会を維持・発展させていくご苦労はいかばかりかと思います。役員のみなさまのお骨折りに頭が下がりました。

K下(ゲスト)

暖かな一日、派手ではないけど桜を見て、美味しい豚汁を食べた。麓では、花桃や、タンポポが満開だった。杉の植林の間の道は単調だったけど、適度なおしゃべりも出来て楽しかった。正面の削られた武甲山、慣れてしまって何とも思えなくなってしまった。どう考えればよいのか? 今回、鍋の材料として里芋とねぎを使ってもらった。カンパのつもりだったけど、代金を頂いた。有難うございました。楽しい一日だった。

O野

今年は桜の開花が遅れたおかげで当日の桜も麓は満開で、途中の道も色とりどりの花々がありお花見ハイクのタイトル通りの山行でした。
山頂の豚汁も肉に砂利がついた、大根がない、などと大騒ぎしながらワイワイ楽しく作れました。砂利も落とせ、大根も無事見つかり、自家農園の里芋だの自家製の味噌だの他では食べられないとっても美味しい豚汁でした。皆様のおかげで楽しい1日を過ごせました。

K池

この度、H田よさんの親切に誘われて、「お花見ハイキング」にゲスト参加のT村です。お天気に恵まれ、道々、桜がきれいで『今が一番』最高の花見ができました。日向山山頂での豚汁の美味しかったこと、忘れません。

T村(ゲスト)

久しぶりの山歩きにウキウキ、楽しみました。

お天気よく暖かく、お昼の豚汁もとても美味しくて楽しい一日を過ごさせて頂き感謝しています。クリスマスハイキングもケーキを持って参加を約束!!  呼んでね♬

O川ゆ

天気も花も素晴らしく、久しぶりに皆さんにお会いして楽しかったです。打ち上げの料理も美味しいので酒が進みました。又よろしく頼みます。

S水つ

「お花見ハイクきてね」「うん。じゃ大根持ってく」足のリハビリを兼ね何度も下見に行ってくれた姿を見ると大根くらい寄付します。
当日は予報より良い天気。登山口に向かう途中にもサクラ・レンギョウ・スモモ・ハナダイコン…黄色・白・濃い薄いピンク・紫と様々な色と花の饗宴だった。姥桜山行などという心配は杞憂だった。良かったね。
山頂で豚汁。お肉を炒める「ギャー、落とした!」「ウワーH川さん大丈夫?」ごほう・人参・エノキ・O野農園の里芋etc.を入れる。あれ? 大根が無い。誰も持っていない。あちこちのリュックを探すと、H川リュックにあったー。こら会長ー! 酒粕入りの自家製H田味噌を入れ完了です。味見は格別美味しい。
全員登頂し「いただきまーす」。
下山道もお花がたくさん有り、ちゃんとお花見山行できました。
大勢の人を連れて行くのは大変です。幹事の4人の方々、お疲れ様でした。打ち上げのお店も予約して下さりと、色々ありがとうございました。

TN

芦ヶ久保駅から丸山に向かう何の変哲もない山道、直に行けばいいのにと思うが、H田よさんが『それじゃ歩き足りないでしょう!』の心配りのアプローチ、分岐からはひたすらスギ林を下って舗装道路に、せっかくお花見だからと公園内を周遊のつもりが『時間がない!』とかで

ショートカットして日向山へ。すでにトン汁が出来上がり、美味しく頂きました。ゲストの方が4人もいてLさんは気を遣ったことでしょう。

何とか天気も持って無事終了です。ありがとうございました。

S田と

お花見らしい天気とはいきませんでしたが、里の桜は満開で他にもいろいろな花が咲き目を楽しませてくれました。頂上付近の桜はまだこれからという感じでしたね。

またポカをしでかしましたがお許しを!

豚汁の準備をしてくださった方、下見にご一緒してくれた方、参加者の皆さんありがとうございました。

H川

お花見ハイキングに最初は「丸山」が候補に挙がっていた。下見二回目、私も参加し、「丸山」に向かった。途中までは展望がよかったが、その後、杉林の暗い苦しい登山道に閉口し、「これでは、駅から二時間で山頂に辿り着かないよ」と、丸山分岐の所で、へばってしまった。それで、「日向山」にしよう、という事になった。駅からまっすぐ「日向山」に向かうのでは近すぎ、如何に遠い山にするには、どうしたらいいのか、やはり、「丸山」分岐までは、頑張ろうということになった。下見の時は、この分岐までがとても辛かった。しかし、本番は体が覚えていたのか、つらくなかった。下見の時は無かった桜が今日はさいている。ほっと胸をなでおろす。まずまずの天気でよかった。

H田よ

天気も良く久しぶりに気持ちの良いハイキングを楽しみました。先頭グループで肉の塊を土の上に落とし泥だらけ。一時はどうなるかと思いましたが皆さんに気付れず鍋にもどした(水で洗いました)。トン汁おいしく頂きました。

H竜

「さあ、山行くよう、K坂さん!」

いつものようにストックに声をかける。膝も腰も悪くなって前回クリスマスハイクでは下山の階段でボロボロ、これではもう山は無理かしら? と弱音を吐いていたところ、K坂さんの形見のダブルストックを譲ってもらうことができました。それからはいつも一緒。ダブルストックで山歩きがこんなに楽になるなんて知らなかった。おかげでまた登れるようになりました。

両手にストック、でもって頭にはT重さんからもらった赤いバンダナ。隅っこに穴が空いてきちゃったけど、もうちょっと頑張って長持ちしてね。どちらも私の山のお守り。

豚汁美味しかった、桜きれいだった、楽しかった、皆様ありがとうございました。

K端