春の天狗岳登山

山行実施日;2015年3月22日~23日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三月二十二日 日曜日久々の山行!しかし天気が思わしくない。月曜日の天気が台風並みの風予報。くろがね温泉と安達太良山をあきらめ、もう少し天候状態が良いと思われる八ヶ岳天狗に転進することにする。九時半渋の湯発。樹林帯の中、アイゼンの音を聞きながらゆっくり歩く。ストーブの周りでのんびりしているといつの間にやら寝てしまう。小屋は暖かい。転寝から目覚めると外はまだ明るい。晩御飯の準備をしながら宴会の始まり!素泊まりの若者三人組とストーブを囲む。燻製つながりでお話が進むと、若者調理長がジンギスカン鍋をストーブにセット!気温が高く衣類調整しても、汗が出てくる。2時間ほどで黒百合ヒュッテに到着。宿泊手続き、荷物をデポしてさあ出発!すでに12時をまわっている。天狗の奥庭経由で東天狗に向かう。途中、山岳部軍団に会う。こんなに部員のいる高校山岳部があるのだな~と感心した。
稜線に出ると、さすがに風が強くなる。とはいえ飛ばされるほどの風ではない。薄曇りの中一時間ほどで頂上に!いく本かの トレースもバッチリ。西天狗がはっきり望める。もう一のぼりで西天狗岳だ。ラム・豚の焼き肉が始まる。もうもうと煙は上がるが、今日の宿泊者は我々と小屋ご飯を召し上がっている二組だけ。海老鯛ならぬ、燻製で焼き肉ゲット。酒に肴に、K池さんの鍋で体はホカホカに。お酒もなくなり、就寝時間。あたたかい寝具で爆睡zzz。

三月二十三日 月曜日

五時半起床。しっかり朝ごはんを食べ、七時半小屋を後にする。晴れているのだが、風が強い。今日のルートは、中山、高見石小屋を経て渋の湯に。中山展望台で薄曇りながらぐるりと景色が望めた。高見石小屋で大休止。のんびり歩いて渋の湯に十二時ころ到着。気温も上がり、雪はだいぶ柔らかい。一歩ずつ刻んでいくと傾斜もゆるくなり13時半頃、西天狗山頂に到着。赤岳・阿弥陀岳が曇天に聳えている。風も強くなってきたのですぐ下山する。巻道を経て中山峠辺りを通過して今宵の宿に到着 十四時半。温泉は、望岳の湯で八ヶ岳を望みながら汗を流す。(今回は女湯から八ヶ岳を望むことができたはずまったりとした春山は無事終了した。(Ku.U記)

参加メンバー;Ku.U、To.S、Sa.K