北岳バットレス  山の天気は分からない!

2021年8月3日~5日

芦安駐車場に予定より30分遅れの9時に着いた。予約していたタクシーで広河原へ移動し、10時に広河原より行動開始した。今回の計画では、初日にバットレスの取付き地点までのアプローチを確認し、2日目に登攀し、3日目に下山を予定している。天気予報は悪くない。

まずは二股の分岐を目指して白樺沢を歩く。気温は高いが、かろうじてお陽様は雲に隠れている。しかし、荷物が重くて足が進まない。多少重くても担げるだろうと高を括って食べたいだけの食料を詰め込んだことを後悔しながら歩く。

二股12:15着

ここで荷物をデポし空身になると俄然元気が出た。八本場のコルへ向かう登山道を行く。二股から15分ほどで涸れ沢のヒドンガリー。それから20分後に涸れ沢のバットレス沢と出合う。バットレス沢は沢の真ん中に巨岩が居座っているので特徴的だ。そこから6分後にゴーゴーと水が流れるC沢と出合う。ここから登山道を離れてC沢左岸を登っていくが踏み跡が交錯していて少し分かりづらい。

しばらく登ってC沢を渡渉したところにケルンが積んであり、草付きに明瞭な踏み跡の入口がある。この踏み跡を見つけられればあとは追っていくだけで取付きまで難なく辿り着く。

ケルンのある踏み跡の入口

取付き13:45

開けた草むらにバットレスの下部がでーんと大きく居座っている。なかなかの迫力。この岩に明日へばりついて頂上まで攀じっていくんだなと気合が入る。

Dガリー大滝

写真真ん中の凹みの直上ラインがDガリー大滝。大滝下部から左に行く第5尾根支稜を登る。

白根御池小屋15:35着

さっそくテントを設営し、翌日の登頂成功を記念してビールで乾杯。19時ごろ少し雨がパラつくも完全に登攀モードで就寝する。

しかし、一時的なものと思っていた雨は夜中になって強くなり、バーっと降る断続的な強い風雨がテントを朝まで叩き続けた。

起床は予定通りの2:30

バットレス登頂は断念し、小川山へ転進することとした。タクシーを予約し、雨の中4:15分下山開始。  

6:00広河原着

芦安駐車場に戻るとさっきまでの悪天候が嘘のように真っ青な空が広がっていた。外界は快晴だった。山の天気は分かりません。

<行程>

8/3

芦安駐車場9:00~広河原10:00~二股12:15着12:35発~C沢出合い13:17〜取付き13:45~二股15:00着15:15発〜白根御池小屋15:35着

8/4

白根御池小屋4:15〜広河原6:00〜芦安駐車場7:00頃〜廻り目平キャンプ場〜マラ岩で終日フリークライミング

8/5

父岩で13時までフリークライミング。北本市役所17時ころ着

<メンバー>

M谷(L)、S木(SL)、T葉(記録)、会員外1名、