奥秩父  古礼山にバリ尾根から登る

2022年5月19日(木)

奥多摩から甲州へ続く稜線はとても魅力的だ。GKさんが古礼山をバリエーションで降りたと聞いて、是非とも行きたいと思っていた。GKさんからバリエーションルートの最初は登りが安全とアドヴァイスされた。T中さんを誘い、日が長くなる時期を待っていた。

雁坂トンネルの料金所から、南側から延びる尾根から取りつく。取りつく尾根の先には青い空が見える。そこからはひたすら新緑の自然林の尾根をたどってゆく。展望が無くて残念に思っていたら、1600mあたりからシャクナゲの並木道になる。花々は薄いピンク色、蕾は濃い紅色、白いシャクナゲにも遭遇した。

白シャクナゲ

頂上直下の急登を登り、念願のピークへ。途中赤テープは無く、スマホのGPSと地図を見て、二人で相談しながらスムーズに到着できほっと一安心。古礼山から水晶山へは下って登る。奥秩父らしい樹林と苔の道だが、倒木が多く心配である。倒木の原因は何だろう。林野庁に問い合わせてみようかとおしゃべりしながら、雁坂峠に到着する。昨年、H竜さんとTNさん3人で黒岩尾根から雪の残る峠に登ってきた山行を思い出す。トラバースの多い長い尾根だったなぁ。雁坂峠からの下り道は急坂だし、渡渉もあり最後はアスファルト道歩きで侮れない登山道だった。

メンバー:MS(L)、TN

雁坂トンネル料金所1215m6:40―古礼山

2110m10:30―水晶山2153m11:15―雁坂峠

2071m12:00―料金所14:40

11km 累積標高差+1227m -1246m 8時間

記:MS

急登に見えないけど急登を登る
雁坂嶺・峠を望む
雁坂嶺・峠を望む