雪山ハイク日光白根山

2016年3月26日
早朝のK坂駅に集合し、H谷川車にて出発した。O野さん、塩Dさん、H谷川さん、菊Tの4名で登る。丸池駐車場に8時到着。ロープウェイ利用で一気に標高をかせいで登山口へ。天気予報を良い方に裏切られ、快晴の登山口。
スキーヤーに混じりぽつぽつと登山者もいる。登山口を過ぎたすぐのところに二荒山神社があり、皆本日の無事を祈願して歩き出した。雲ひとつない青空、最高の登山日和だ。みんなでわいわい言いながら進む。踏み跡、というよりしっかりと道がついていて迷いようがない。歩きやすいのでのんびりとしたペースで気分が良い。途中傾斜がきつくなり、表面の雪の下が凍っていて滑るのでアイゼンを装着した。森林限界をすぎて景色が一気に広がる。前方の山頂も美しいが振り返った景色も素晴らしい。日帰りできる雪山だからか登山者も多い。先行の登山者もたくさん見える。出発して3時間、山頂に到着した。きれい!を連発しゆっくり景色を楽しんだ。O野さんに詳細に見える山々を教えてもらい今度はうんうんと頷く(笑)。集合写真もバッチリ撮影。風もなく暖かいので山頂から少し下がったところで昼休憩をした。雪山なのにまったく寒くない。山頂直下の弥陀ケ池に氷がはっている。その上を歩いている人達がいて、H谷川さんが上は怖いけど池のまわりを歩きたいと言ったので寄り道していくことにした。行ってみると氷は厚く歩いても大丈夫そうだ。みんな子供みたいに池の上ではしゃぎしばらく遊んだ。そこからすぐのところにちょっとした雪壁があり、そこでアイゼンやピッケルの使い方をO野さんとH谷川さんに教えてもらいプチ講習会。時間があるからこんなこともできる。来てよかった。真面目に下山開始。下山は早かった。時間もあるので途中急斜面の登り降りをまたまたプチ訓練。私は降りようとして滑落停止訓練になってしまった(笑)。気を取り直し、急斜面を下る練習、登りかえしてちょっとラッセル。しまっている雪とふかふかでは、かなり違う。夫々深いところを狙って下る。途中踏み抜いて脱出方法もアドバイスを受ける。色々勉強になる。あとは、来た道を戻り14時半にロープウエイに到着。ここで、ボーダーから山頂へのアプローチを質問される。その後も駐車場で同じ質問。実はゲレンデにいる若者らは夏は登山をしているようだ。1人埼玉から来ているというので大宮に勧誘してみたが連絡はない(笑)とにかく楽しい1日だった。
Shape1133
日光白根・空の碧  塩D  
ぽっかり浮かんだ白い雲
西からゆっくり碧い空をゆく
目の前の日光白根は
三つの険しい頭をもたげる
Shape1199
 
しかしその頂は白い無垢なベールを従えている
あ~、雪山はいいな!
都会の喧騒から逃れ
人生の行く末さえ忘れてくれる
心の知れた仲間と登る白い峰
ほんの少し乱れた息遣い
それを背後に感じて歩を緩める
あ~、仲間っていいな!
Shape1316Shape1317
こんな天気のいい日に
巡り合えた山人との一期一会
交わす言葉も少ないけれど
雪山登山の豊かな想いは通じている
あ~、山男っていいな!
自然からのご褒美有難く受け取ろう
雪山さんまたよろしくおねがいします。
丸池駐車場8:00=ロープウェイ8:40=登山口8:55=森林限界点11:00=日光白根山山頂12:00(30分休憩)=弥陀ヶ池12:50=急斜面登降訓練14:00=ロープウェイ14:25=丸池駐車場14:40