冬 枯 れ の 展 望 と 節 分 草

2016年3 月 2 日

3 月 2 日 ( 水 ) 晴 れ メ ン バ ー 4 名 、 鹿 嶋 神 社 駐 車 場 8 時 2 5 分 登 山 開 始 。 突 然 銃 声 音 2 発 。 聞 こ え て き た の で ラ ジ オ を つ け た り 熊 鈴 を つ け た り し な が ら 歩 き 出 し た が 、 後 で 考 え る と 採 石 場 の 発 破 音 だ っ た か も ? 出 尾 根 コ ー ス よ り 樹 林 帯 の 中 を 進 む 。 標 識 も し っ か り し て お り 歩 き や す い が 三 床 山 へ は 、 以 外 に も 急 登 が 続 い た 。 真 っ 白 な 富 士 山 も 見 え お 天 気 は 最 高 。 三 床 山 山 頂 の 南 側 か ら は ゴ ル フ 場 の 奥 に 三 毳 山 の 展 望 が 見 れ ま し た 。 次 に 下 っ て 小 三 床 山 、 烏 ケ 岳 、 つ つ じ 山 と ア ッ プ ダ ウ ン の 連 続 。 隣 の 山 に は 小 学 生 数 名 の 姿 が 見 え た 。 桜 山 で 早 め の 昼 食 。 風 が あ た ら な け れ ば 温 か い 。 桜 の 木 が 沢 山 あ る の で 満 開 の 時 期 は 綺 麗 だ ろ う と 想 像 す る 。 こ こ で 引 き 返 さ ず に 一 床 山 方 面 に 下 り 、 登 り 返 し て 一 床 山 山 頂 へ 。 3 6 0 度 の 大 展 望 。 富 士 山 は か す ん で 見 え な く な っ て し ま っ た が 、 浅 間 山 ・ 赤 城 連 峰 ・ 袈 裟 丸 山 ・ 男 体 山 、 隣 に は 先 週 歩 い た 大 小 山 か ら 大 坊 山 の 山 並 み が 見 え た 。 悲 し い か な 採 石 で 削 ら れ た 山 も あ ち こ ち に 見 え る 。 単 独 行 の 男 性 と お 喋 り を し 、 下 山 コ ー ス は 別 々 で 私 達 は 二 床 山 目 指 し て 歩 き 出 す 。 結 構 あ る 岩 場 も 慎 重 に 下 り 、 二 床 山 へ 。 そ こ か ら 高 松 へ 。 今 日 最 後 の 展 望 を 楽 し み 下 山 。 太 陽 光 発 電 が 広 が る 敷 地 を 通 り 今 朝 の 駐 車 場 に 1 4 時 2 0 分 着 そ 。 こ か ら 車 に 乗 り 四 季 の 森 に 自 生 し て い る 節 分 草 見 学 。 手 入 れ さ れ て い な い 様 子 の 敷 地 に は 白 紅 の 梅 や 、 ほ と ん ど 終 わ っ て し ま っ た 蠟 梅 、 み つ ま た 、 ま ん さ く の 木 々 や 福 寿 草 、 節 分 草 は 一 面 に 可 憐 な 花 を 咲 か せ 黄 色 の 珍 し い 節 分 草 も 見 る こ と が で き 、 感 激 し て 帰 宅 の 途 に 着 い た 。(記  石 D)