沢歩き~奥秩父ナメラ沢 ナメラ??ヤブ??沢

2020年7月7日

水が好きで「キャニオニングしてみたいなぁ」と思っていた私、大宮労山に入会してまだホヤホヤの新参者ですが『ナメラ沢~初めてでも大丈夫』とお誘いがあったので、勇気をだしてメールに返信しました。

初めての沢歩きは靴を買うことから始まります。新コロナウイルス感染が関西方面で拡大し始め、関東にも来るかな?? これからどうなるんだろう??  と不安な上、沢歩きの時期がまだ早くて23.0㎝の小さいサイズの在庫がなく、店員に調べてもらって新宿の石井スポーツでやっと手に入れることができ・・・山行の日は当初4月5日→新コロナ大流行で6月6日に延期され→緊急事態宣言も治まりこれでやっと行けると思ったら、6日は午後雨の予報→なので急遽次の日の7日になりました。

新コロナと天気に振り回されてヤレヤレ(汗)

当日、私の自宅が柏なので、同じ柏在住のM谷さんが早朝4:30に我が家まで迎えに来てくれることになり・・・何て親切、感謝です!!・・・車の中で「スパッツ、持ってきた??」「コロナで買えませんでした」「でも~やっぱりあった方が良い」と柏の葉キャンパスの自宅に立ち寄って、予備の物を取ってきてくださいました・・・重ね重ね、ありがとうございます!! その後はT井さんを迎えに首都高をドライブ

「ナメラ沢って、どこにあるの??」奥秩父の西沢渓谷、久渡沢の支流の一つ~花崗岩の上を走る清流をペタペタと歩く程度の易しい沢歩き~とブログに書いてありました。去年大宮労山で行った時には綺麗だったらしいのですが、こんなに荒れてしまって、大きな木があちこちに倒れて行く手を塞いで歩きにくい、去年の台風の影響だそうです。S木さん驚いて「綺麗なナメラ沢は、ヤブ沢になっちゃった、ダメだこりゃ!!」

「水は冷たいかな??」初めは靴が濡れないようにと恐る恐る歩いていましたが、それだとバランスとるのが難しく、思い切って水の中に足を突っ込むと「思ったより冷たくない、むしろ気持ちいい」それから面白くなってドボンドボン・・・慣れた頃です。目の前に5m位の壁の斜面が現れました。「頑張るぞ〰」と意気込んだのはいいのですがツルッと滑ってしまい「やっちゃった〰!!」その後にH川会長も同じようにツルッ、その後にもTNさんがツルッと女子3人で滑りまくり「アハハハ」(笑い)それを見ていたS木さん「少しの窪みを見つけて足先を突っ込むようにして歩いて」と教えてくれました。なるほど、はい。わかりました。

「ここで沢は終わり」と聞いてほっとしたのもつかの間・・・今度は青笹の斜面を上る!!

急な斜面で思うように前に進めず(汗)上りつめて休憩、休憩はうれしいです。これからは下り、落葉樹の林を尾根を探して地図読みです。ここは登山道ではなく自然の山の中なので、自分の行きたい所にたどり着くためには地図読みをするんですね。こんな所で迷ったらと思うと怖くなりました。ここの林でも倒木多し!!

最後の詰めです。疲労がたまって足が進まなくなってきました。私の後ろにリーダーのS木さんが私の歩くペースに合わせてくれています。「ゆっくりでいいから」と何回も励ましていただきました。

「あと50歩・・・あと30歩・・あと10歩・」ゴール地点にはY城さんが「がんばれ、あと少し!!」「お疲れさーん」と出迎えてくれました。やっと帰れた!!皆さんにやさしくしていただき、体験できたナメラ??ヤブ??沢でした。お世話になりありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

 

コースタイム

雁坂トンネル駐車場 出発 : 8時20分

沓切沢橋で装備装着 出発 : 9時40分

中の沢出合        : 10時

遡行        終了 : 12時15分

雁坂トンネル駐車場 着  : 16時

メンバー

1班 : Y城(L)・H竜(S)・T井・M田・M谷

2班 : S木(L)・H川(S)・A部み・TN・O賀

記:O賀