浅間山系:角落山~梅雨の晴れ間のプチバリルート~

『角落山~梅雨の晴れ間のプチバリルート~』

2020年7月19日(日)
メンバー:L:H竜、T中、T羽
集合  :6:00北本市役所
行程  :角落山登山口8:40~男坂~11:50角落山12:20~女坂~14:00ゴール

装備  :ロープ(8×20)、ツェルト、コンロ携帯セット、救急薬品
温泉  :はまゆう山荘(570円)

 

<記録>

T羽は、大宮労山入会後“初”の山行となるデビュー戦!

梅雨時であるが、珍しく快晴の天気。

はまゆう荘の向かいから林道に入りすぐの案内板の前に駐車し山行をスタートする。

白沢橋の分岐は男坂方面へ。

沢沿いの荒れた道を、時折目立つブルーのテープを目印に進む。何度か渡渉しながら、敢えてルートをそれ困難に立ち向かいながら訓練的に歩く事もあったが、歩いてきた道が正解!決められた道がない自由な歩きは楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中「大岩」がある場所を超えると、今までの沢伝いのルートから一変、稜線までは斜度がある登りとなる。幸いにも地面がズボズボな為、キックステップで蹴りこむ事により難なく登れた。

山頂の手前では眼前に角落山が大きく聳え、約100mの登りが待っていた。鎖場もあり、一気に高度を稼げる本日最大の楽しみどころ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風が通って涼しく、振り返ると近隣の山々が見渡せ、空には久々の青空と白い雲。最高の楽しい時間であったが、直ぐに赤い鳥居が現れ岩場は終了。鳥居の先には祠があり、お参りをしてから大休止を取る。山頂からは北西に堂々とした浅間隠山、その横には草津白根や横手山が望めた。

下りは女坂、途中崩落個所があったが、ハイキングコースなので危険なところもなく安心して歩けた。

女坂を下り赤沢橋からの林道歩きだが、ドロドロにはまりここがT中さんには核心部だった様子。

約5時間半でスタート地点に到着して終了!

沢伝いの清々しさ、急な登り、そよ風が心地よい稜線歩き、鎖場の登り、ハイキングコース、一度に色々な顔を楽しませてくれた群馬百名山を楽しく歩けました。

 

お疲れさまでした。

<記/T羽>