クリスマスハイク 2020 琴平丘陵

2020年12月13日

コロナコロナの毎日で心配されたクリスマスハイクでしたが、12月13日(日)皆さまのご協力とご理解のもと無事に実施することができました。

29名の参加、うちゲスト3名、山には登らず最後の交流にのみ参加2名の大賑わいでした。

もちろん全員マスク着用、ソーシャルディスタンスに配慮しての開催です。ケーキも鍋もない、いつもと違ってちょっぴりさみしいクリスマスハイクでしたが、当日は快晴、琴平丘陵というゆるい名前でありながら変化のある尾根歩きを楽しみました。下山したら羊山公園の羊がわざわざお出迎えしてくれました。

現在会員数75名の大きな会になった大宮労山。山のジャンルを越えたこうした交流ハイクはお互いを知るためにとても大事ですね。

以下は参加者のレポートです。

おだやかな日差しに明るい落ち葉の道、どこまでも行けそうな気がした楽しい一日でした。

お菓子も乾燥芋もおいしくいただきました。M門

コロナでなかなか大勢で行動することがはばかられる1年でした。久しぶりにたくさんの仲間と暖かな陽射しの中、美しい景色を見ながら歩けてとても嬉しく思いました。今年山行が少なかった分、来年は多くの山行に行けると良いですね。ご一緒した皆様ありがとうございました。幹事の皆様、お疲れ様でした。とても良いハイキングコースでした。   K池

本日はH田よさま、皆様、大変お世話になりました。特に電車の乗り間違いで20分遅刻して申し訳ありませんでした 。7 月に入会してクライミンググループの方々とは交流はあったのですが、今回参加してその他の方々の顔を覚えることができました。穏やかな小春日和のなか、秩父丘陵を初めて歩いたことも含めて大変楽しい一日を過ごせました。有難うございました。来年はコロナ禍が収まり、大鍋を囲んで、もっと話ができたら良いですね。楽しみにしています。     T田し

 

ケーキや芋煮がなくとも、大宮労山の仲間が集い、天気も良く、コースも起伏に富み、楽しい1日になりました。比較的最近入会された人を含め、多くの会員と交流が出来て満足です。O野

今回の私の課題は「新人の方の顔と名前を覚える」です。山にご一緒することはおそらくないでしょうけれど(私の足の都合)、会報の件では何度か接触するでしょう。会報担当としてはその時相手の顔くらい思い浮かばなくてはね?! よし、覚えるぞ! と気合いを入れて心の中で何度も繰り返す顔と名前。覚えた! いや覚えたような気が…、う~ん、あやしい…?!  楽しい一日でした。K池さんのお菓子、H川さんの干し芋、T川さんの風雅巻き、U村さんの飴、みんな美味しく頂きました。リーダーのH田よさん、皆さまお世話になりありがとうございました。          K端

クリスマスとお花見ハイクには是非参加したいと思っています。馴染みの人、新しい人、話して一緒に歩けて楽しみです。落ち葉踏みしめて歩いた初冬の琴平コース良かったです。企画運営された方々に感謝です。S藤

大宮労山に入会して2回目のクリスマスハイク。今回の開催までの道のりは大変だったことと思います。普段、なかなか顔をあわせられない方々に会える良い企画だと思います。今後もつなげていきたいです。ありがとうございました。              A部み

9 月に入会してから、クライミングを中心に楽しく参加させていただいてます。クリスマスハイクでは、お初にお目にかかった方も多く、このような場を持ってもらって良かったです。コースも素晴らしく、天気も良かったので久しぶりにのんびりハイキング出来ました。時々はこのような場を持っていただけると嬉しいです。         Y田

短いながらも変化のあるルートで、鍋なしケーキなしのクリスマスハイクでしたが、楽しく交流が出来ました。参加者の皆さん、担当の皆さんありがとうございました。     H川

最近は、学習会や例会もZoom参加でしたので、久しぶりにみなさんとお会いできてとても良かったです。また、改めて直接お顔を拝見しながら山歩きができる喜びを実感いたしました。それと電車の旅も楽しかったです。ありがとうございました。          O川

今年は、今まで経験したことがない「新型コロナ禍」世界中が恐怖に包まれている2020年12月の大宮労山恒例のクリスマスハイキング。いつもだと大鍋ありケーキありと賑やかなクリスマスですが、今年は全て廃止。寂しいクリスマスハイキングでしたが、天気は最高、冬にしては珍しく暖かく、風もない、絶好の陽だまりハイキングでした。久しぶりに沢山歩き万歩計を見ると、14000歩でした。とても、よい日でした。H田と

天気も良く、皆とハイキングを楽しむことができました。また、機会あれば誘ってください。O川ま(ゲスト)

天気良く、あたたかな一日に、落ち葉を踏みながらの歩きやすい道のハイキングでした。  羊山公園手前で武甲山がドーンと間近に見えて、楽しい山行でした。     O川

民家の前を通ると、庭で散髪しているご夫婦が遠目に見えました。姿がH田よさんに似ているので、「あれ? もしかしてH田よさんじゃない?」と想像を膨らませるSじい」……  岩で囲まれた祠を目の前にすると、祠には目もくれず、「どうやったら登れるかな?」「こっちからなら行けるかも」「○○さんだったら、上迄行ける!!」と岩ラブな高○さん……陽気で明るい仲間と歩けて、楽しい一時でした。次は、何処に行けるかな?……待ち遠しいです。                O賀

新会員のT安です。9月に入会してクライミングばかりの参加ですが、まったりハイキングに参加させていただきました。枯葉の積もる散策道、12月とは思えないポカポカ陽気、みなさんの和気あいあいとしたおしゃべり。例年とは違った内容のようですが、のんびりと過ごすことができました。ありがとうございました。T安

澄んだ空気とサックサクの落葉とみなさんと一緒に楽しく歩いた時間は、この秋1番でした。ありがとうございました。 K辺(ゲスト)

琴平丘陵という名前から、緩やかなハイキングコースを想像していたのですが、思った以上に歩き応えがありビックリ。秩父の歴史や文化を学びつつ、この同じ道を歩いた先人たちに想いを馳せる…なんとも味わい深い素敵なルートでした。そして、会の皆さまと顔を合わせてお話できたのがとても楽しく、うれしかったです。こういう会山行の機会がたくさんあったらいいなぁ …! 計画・準備してくださった皆さま、ありがとうございました。     T川

クライミングで腰を痛め前日の計画をドタキャンしたので、どうかな?と思いましたが何とか 2 日間大人しくしていたので、無事参加。琴平丘陵ってどこ?ていうほど知らないコースでした。武甲山の前衛のハイキングコース、結構アップダウンがあってお宮もあり趣のある山道、枯れ葉の敷き詰められたコースをサクサクと歩く、途中の東屋で昼食タイム。司会を仰せ付けられて、写真もとれ! といつもの忙しい労働です(笑)。天気に恵まれてまったりハイク、とても癒されたハイキングでした。S田と

コロナを心配し、天気を心配し、いろいろ悩んだクリスマスハイクでした。クリスマスハイクと言えばケーキ、そしてO野農園の芋煮鍋。コロナのせいで大きな楽しみがなくなってしまったけれど、たくさんの人が参加してくださり、楽しい山行になりました。良いコースだったという声があちこちから聞こえました。名前と顔が一致しなかった新入会員さん、やっと覚えられました。ハイキングだけの私たちにとって交流できる唯一の機会です。皆さん、次回もぜひ参加して下さい。       S々木

今年のクリスマスハイキングほど、悩んだことはありません。「新型コロナウイルス」に苦しめられ、今も解決の目途は立っていません。  ギリギリの決断でしたが、大宮労山の明るい皆様に助けられました。来年は後期高齢者の私、皆様に迷惑をかけてはいけないと必死でした。

長者屋敷跡でのクリスマス交流会では、すっかりプロ並みにうまくなったS田とさんの名司会に、会場がとても盛り上がりましたね。ああ!これで、クリスマスケーキとO野さんの芋煮があったら、どんなによかったか! 新入会員さんの自己紹介がありましたが、未だに名前と顔が一致しません。

この丘陵は3回歩きましたが、いずれも、寒く、展望も無し、昼食の場所に選んだ長者屋敷跡は日も当たらない、北風が吹き抜ける寒い場所でした。今回もどこで交流会をしようかと悩みましたが、よい場所もないので仕方なく長者屋敷跡にしましたが、今回はどうしたことでしょう、風も無く、暖かい春のような日差しが降り注ぎ、寝っ転がって昼寝をしたい気分になるほど良い場所でした。

今回の企画の実行には多くの皆様からご心配やら励ましやらをいただきました。大変心強かったです。私のようなヨボヨボばあちゃんでも活躍の場をあたえてくださったことに心から感謝いたします。こんなばあちゃんでも皆様に喜んでもらえるなら、これからも精いっぱいがんばります。           H田よ